波日記 湘南(鵠沼・辻堂・茅ヶ崎)・千葉の波情報、サーフィン情報

2004年よりサーフィンを始めた1975年生まれの男が綴る、湘南(鵠沼・辻堂・茅ヶ崎)や千葉などの波情報、レポート、サーフィンコラム

千葉が北東風ならやっぱり片貝がよろし。

f:id:ONOYUGO:20160328220958j:plain

3月27日12:20ごろの片貝。こちらは新堤側。

更新遅くなりました。

先週末の日曜日ですが、家族が千葉のいちご狩りに行きたいとのことで、その間に私はサーフィンするということで利害が一致し、先月の鴨川以来、久々の千葉へと行きました。

東浪見でいちご狩りをするとのことだったので、私も最初は東浪見のポイントをチェックしましたところ、オンショアで海面が揺れていましたが、そこそこ人が入っていて乗れていましたので、入ることに。

しかし、よりによって私が着替えて海に向かうころに、入っていたサーファーが次から次へと上がり始めたのです。

私の嫌な予感は的中。とりあえず沖に出たものの、船酔いしそうなほどのガタガタな海面にとてもサーフィンどころではなく、たったの10分で撤収したのでした(泣)。

ただ着替えて沖に出ただけで帰るなんてあまりに忍びないので、ここは思い切って片貝へ行くことに。420円払って有料道路をかっ飛ばし(法定速度内ですが)、片貝をチェックしました。

f:id:ONOYUGO:20160328221033j:plain

▲上の写真と同じ時間の片貝漁港。望遠で狙ったので見にくくてすみません。

片貝、特に漁港は海面も安定しており、私はようやくここで波にありつけたのでした。

サイズは腰~はらサイズでしたが、短いボードで走るには十分。湘南とはまるで違う外海のパワーを楽しめました。

前半、例によって誰かれ構わず周りに怒鳴り散らす血気盛んなサーファーから、「おい!&%$#@=|ろよ!」と、日本語以外の言語で語りかけられましたが、私には残念ながら言葉の意味がわからなかったのでとりあえず合掌ポーズをとって謝意を伝えたら去っていきました。ボディランゲージは万国共通ですね♪

※しかし片貝漁港は本当にこのようなうるさいサーファー多すぎる。10年以上私はここのポイントを見てきているが、何にも変わっていない。なぜもっと紳士になれないのか。

次回は週末に湘南でサーフィン予定です。

波データ

ポイント: 片貝漁港
入水時間: 12:20~13:40
人数: 周りに4~5名ほど 空いているピークを狙う
テイクオフ回数: 15回くらい
波サイズ: 腰たまにはら△ 安定した片貝漁港の波
風: 強めの北東風 しかし堤防が見事に風をかわす
使用ボード: Aviso COLE BD3 5'0"
フィン: PROS "COLE" シグネチャーフィン(TWIN + STABI)
着用ウエット: 4mmフル+ソックス