読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

波日記 湘南(茅ヶ崎、鵠沼)・千葉の波情報・サーフィン情報

2004年よりサーフィンを始めた1975年生まれの男が綴る、湘南(茅ヶ崎、鵠沼)や千葉などの波のレポート、サーフィンコラム

24日 部原(クソ下) ももたまにはら△ 意外に遊べる波

部原

イメージ 1

イメージ 2

※写真をクリックすれば、大きく見やすくなります。

予報ですとうねりは北東うねりとなり、太平洋側にも多少波が立つとのことらしかったので、ちょっとだけ期待して海に向かいました。

とは言え、まだ南西よりのうねりが残っているかと思い、千葉南からチェックを始めました。久々に和田からチェックしたのですが、すでに北東風が強く、たまのセットで乗れそうな波が来るものの、ショアブレイクでちょっと走っておしまい。悩んでいたら雨が降ってきたので、戦意喪失して一旦撤収しました。

次に鴨川マルキをチェックしてみました(写真無し)。10名ほど入っておりましたけど、たま~にひざももサイズの波がきてこれまたショアブレイクでおしまい。しばらく眺めてましたら、入っていた人の中にフィンを付けないショートボードで入り、テイクオフしてひたすらクルクル回り続けるという変わった波乗りを楽しんでおられる方もいらっしゃいました(楽しそうだったので、ちょっと真似たくなりました)。

しかし結局この鴨川マルキにも入る気がせず、また志田下あたりで軽く入ろうっかな~と何となく思いながら帰り道に部原をチェックすると、意外や意外、左側のクソ下には腹サイズの良い波が!すぐに写真を撮り、そそくさと着替えて入水。

このクソ下は腹以上のサイズになるとグーフィー側に長距離走れる良い波が来ます。今日もそこ狙いで波を待ってましたら、程よく厚く、走り始めたら掘れ上がるという何ともありがたい波。ただ、調子に乗ってインサイドまで乗り続けると、岸辺の岩に激突する可能性があるので、早めのプルアウトが必要でした。周りを見渡すとノーマルショートが多く、みんな必死の形相でパドルする中、フィッシュボードの私は一人ラクチンなテイクオフを楽しんでました。やっぱり誰が何と言おうと乗りたい板に乗るのが一番です。だって乗っている本人が楽しくなくては意味が無いのですから。

また水温も温かく、期待していなかっただけに嬉しさあふれるサーフタイムでしたが、2時間近く乗っていたら何処からともなく人が現れてきて、混雑してきたので上がりました。

さて、これから数日は波は上り坂になりますでしょうか……?


ポイント: 部原(クソ下)
入水時間: 11:30~13:30
人数: 自分の周りに4~5名くらい 待てば充分乗れる
テイクオフ回数: 15回くらい
波: ももたまにはら△ 調子良く乗れればインサイドまでガン乗り可
風: 弱めの北東風 左後方からのオフショア
使用ボード: CREEPER(T.YOSHINO Hand-Shaped
フィン: FCS PG-7(SIDE)/GS Trailer(CENTER)
着用ウエット: SCALES Wetsuits 5mmフル(SCALES Wetsuits


※はじめてこのブログをご覧になる方は、こちらも併せてお読みください。