波日記 湘南(鵠沼・辻堂・茅ヶ崎)・千葉の波情報、サーフィン情報

2004年よりサーフィンを始めた1975年生まれの男が綴る、湘南(鵠沼・辻堂・茅ヶ崎)や千葉などの波情報、レポート、サーフィンコラム

5日早朝 一宮周辺 胸▼ 何か乗りづらい件

今日は風が収まるというので朝一狙いましたが、はじめにチェックした志田下はなんかヨレヨレで誰も入っていなく、仕方なく一宮周辺をチェックしましたら、ここは上手に風をかわしている様子でしたので入水。
(いつもはあまり入らない、○小屋前~○ンライズあたりです)

 

しかし何て言うんでしょう。ここの波ってグワッと掘れてきそうに見せかけておいて、実際に割れたらダラダラ~と崩れるという独特のブレイクなんですよね。何年もここに入っていますけど、どうもこの変則ブレイクには未だに慣れないんです。

 

一方、志田下や太東周辺の波はもっとタイトで、インサイドまでバシっとショルダーが残る乗りやすい波なんです。これだけ近いポイントなのに、ブレイクのクセがまるで違うという。

 

まぁ、どんなブレイクでも乗りこなして一人前っていうものでしょうか。精進します。


ポイント: 一宮周辺
入水時間: 7:00~8:00
人数: 最初3名、最後は10名
テイクオフ回数: 3回 あまり乗れんかった
波: 胸▼
風: 弱い北西風 穏やか
使用ボード: MANOA(T.YOSHINO Hand-Shaped
フィン: FCS K3
着用ウエット: SCALES Wetsuits 5mmフル(SCALES Wetsuits)+Tabieのブーツ・グローブ+SURF8のヘッドキャップ