波日記 湘南(鵠沼・辻堂・茅ヶ崎)・千葉の波情報、サーフィン情報

2004年よりサーフィンを始めた1975年生まれの男が綴る、湘南(鵠沼・辻堂・茅ヶ崎)や千葉などの波情報、レポート、サーフィンコラム

6日土曜、台風スウェル到来!!@茅ヶ崎

f:id:ONOYUGO:20160807231605j:plain

8月6日11:30ごろの茅ヶ崎白樺周辺。

やって参りました台風スウェル♪

昨今の波の不作で鬱憤が溜まっていた湘南サーファーがようやく波にありつけました。

潮が引いてきた時間からミドル辺りで崩れるようになり、ロングもショートもその波を存分に楽しんでおりました。

上がって陸から海を眺めていましたら、一人の初心者と思しき若いサーファーから

「沖に出るときにボードを沈めるのってどうやってやるんですか?」

と聞かれました。彼のボードを見ると9フィート近くはあるであろうロングボード。私は、

「このボードは大きくて沈められないから体をこうやって回転させて波をやりすごすか(ローリングスルー)、パドリングで思いっ切り勢いを付けて波を乗り越えるか、だと思うよ。」

と伝えました。彼は再び果敢に波に向かって漕ぎ出しましたが、何度も戻されて、それでも何度もアウトに出ようとトライし続けていました。

そして帰りにサザンビーチ近くの無料シャワーでボードを洗い、自転車に戻りましたら、

「自分、茅ヶ崎でサーフィンするの初めてなんですよ。」

とまた別のサーファーから声をかけられました。なんでもいつもは鵠沼で入っているけど茅ヶ崎には初めて来たとか。

鵠沼とは違う茅ヶ崎のエグいショアブレイクに驚いたようですが、楽しんでくれたようです。

と、このようにこの日はなぜか人から話しかけられた日でした。サーファー同士の輪やつながりって良いものですね。

 

(おまけ)

実は本日日曜も朝だけ出撃したのですが、潮が上がっていてアウトでダラダラ〜インサイドでドッカーンの超乗れない波だったので、サッサと退散してきました。

【教訓】潮の満ち干きをしっかり見てから入りましょう。

次回は山の日にサーフィン予定です。波、残るかな??

波データ

場所 : 茅ヶ崎白樺
時間 : 10:00〜11:30
人数 : 周りに3〜4名
テイクオフ回数 : 10回くらい
波のサイズ : 胸肩たまに頭▼
風: 弱めの南西風
使用ボード: Aviso CANVAS Mini Noserider 6'12"
フィン: 8-inch ratio effect Fin
着用ウエット: トランクス+Tシャツ+サーフハット