読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

波日記 湘南(茅ヶ崎、鵠沼)・千葉の波情報・サーフィン情報

2004年よりサーフィンを始めた1975年生まれの男が綴る、湘南(茅ヶ崎、鵠沼)や千葉などの波のレポート、サーフィンコラム

2日午前 茅ヶ崎 肩たまに頭△ 間違いなく2014年最高の波!

茅ヶ崎

(※今日も写真ありませんが、文章で頑張りますのでよろしくお願い致します。)

 

金曜よりもうねりが上がるとの予報。

朝目覚めて寝転んだままスマホの波情報をチェック。

目に飛び込んできたのは頭サイズの波情報。

この瞬間にどれだけ眠くても一瞬で飛び起きれるのが

サーファーのすごいところだと思いました(笑)。

 

ボードを引っ張りだし、トランクスをはいていざ出撃。

道中もはやる気持ちを抑えながら海に到着。

サザンビーチから白樺へ目をやると

明らかに昨日よりかは力強いうねりが炸裂してました!

そのまま自転車を進め、

混雑極める茅ヶ崎パークのさらに先に

空いているピークを発見してしばらくチェックしてましたら

グリ〜ンと巻かれて砕ける巨大セットが!!

この時点で心拍数が上がっておりましたが、

ゆっくりと黙想しながらストレッチ。

ショアブレイクを超え、沖へパドルアウトしました。

 

波のサイズというものは慣れもあるのでしょうが、

普段は湘南や千葉でサーフィンする身からすると

頭以上のサイズに乗るのはやはり別格になります。

波待ちしてると沖からやってくる黒い影。

やがてそれば目の前で牙をむき、

人を食らうかのごとく崩れるのでした。

 

意を決して乗るセットを決めてパドルをスタート。

グアっと持ち上げられてそのままほんの少し真下に落ち、

目の前に水の斜面があらわれるのでした。

サイズはありましたが、面自体は柔らかいので

非常に乗りやすく、緩やかな斜面を堪能できました。

間違いなく、今年乗った波の中で最高の波だったことは確かです。

 

周りのサーファーはほぼTシャツか裸での入水。

あとはショートジョンかスプリングがちらほらでしたので、

私も今日はTシャツ&トランクスで入水♪

しかし、寒がりな私にはTシャツだけでの入水は厳しかったらしく、

しばらくしたら例によって体が震えてきました(泣)。

これなら本当にタッパ着て来ればよかったです。

 

【教訓】水温は自分の体を基準として考えましょう。

 

ポイント: 茅ヶ崎

入水時間: 8:00~9:30
人数: 最大周りに6〜7名くらい 空いてるピークあり
テイクオフ回数: 10回ほど
波: 肩たまに頭△
風: ほぼ無風→徐々に弱めの南西風
使用ボード: Aviso COLE BD3 5'0"
フィン: PROS "COLE" シグネチャーフィン(TWIN + STABI)
着用ウエット: トランクス+Tシャツ+サーフキャップ