読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

波日記 湘南(鵠沼・辻堂・茅ヶ崎)・千葉の波情報、サーフィン情報

2004年よりサーフィンを始めた1975年生まれの男が綴る、湘南(鵠沼・辻堂・茅ヶ崎)や千葉などの波情報、レポート、サーフィンコラム

やってみる価値あると思うテクニック編「基本に戻る」

以前、当ブログで紹介させていただいたSURFING FREAKというサイトにて、ここ最近連載で「基本に戻る」という内容のコラムが続いているのですが、前回と今回の記事が非常に興味深かったので、要旨を紹介いたします。

まずは波を岸まで乗りつなぐことから

波を乗りつなぐ|基本に戻る【3】 ←クリックでページが表示されます。

  • 基本に戻るとは、『波を乗りつなぐ』こと。
  • 岸まで乗りつなぐと成功。途中で割れた波に耐え切れずに転べば失敗。
  • 波を良く見て、ボードにどう体重をかければ走るか、どこのラインを走ると割れる波に飛ばされずに進めるか、をまずは知るべき。
  • これができるサーファーが基本を知っているサーファー。
  • これが分かると、決して大げさではなく、バレルをメイクできる。(←コレにしびれた)

一度、大きめのソフトボードに乗ってみよう

ソフトボードを使用する|基本に戻る【4】 ←クリックでページが表示されます。

  • 岸まで乗りつなぐ練習に最適なボードが、ソフトボード
  • 理由は2つ。ターンができないのでごまかしが効かないから。あとテイクオフが早いから。
  • ソフトボードなら1つの波の全てを使って岸まで乗りつなぐ練習ができる。
  • この練習は1ラウンドやってみるだけでも十分効果がある。

と、いうことで、次回は近所のサーフショップから長いソフトボードをレンタルして試してみることにします!