読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

波日記 湘南(茅ヶ崎、鵠沼)・千葉の波情報・サーフィン情報

2004年よりサーフィンを始めた1975年生まれの男が綴る、湘南(茅ヶ崎、鵠沼)や千葉などの波のレポート、サーフィンコラム

【番外編】良いサイトを見つけました。

サーフィン コラム
SURFING FREAK
http://surfingfreak.com/
イメージ 1

↑↑↑
サーフィンのテクニックについて、かなり体系的に書いてくれています。書き手の熱意がとても伝わる、素晴らしいサイトです。

この書き手の方はどうやらオーストラリアの一流サーファー(誰なのかは不明)の師事を受けて上達したらしく、そこで学んだことを中心に記事を書いてくれています。

「目線を意識しよう!」といったよく分からない小手先のテクニックや、「がむしゃらにパドリングしまくれ!」という意味不明な精神論がはびこるなかで、そこはさすがサーフィンの本場オーストラリア。パドリング、テイクオフ、ライディング、すべてにおいて「なるほど」と頷いてしまう内容の目白押しです。

特に目からウロコだったのは、サーフィンのテクニックを「どのような順序で習得するべきか」という点。この点をこのサイトではシンプルに、

1.波を取れるようになること(初級者)
2.自力でスピードをつけられるようになること(中級者)
3.マニューバーを描けるようになること(上級者)

と位置づけています。そして大事なのが1.ができなければ2.はできない、2.ができなければ3.はできないという、ごく当たり前のことです。

つまり、スピードが完成していないのならリップアクションは練習するべきではないということです。

この点を読んで以来、私はできもしないリップアクションの追求はひとまずやめ、現在はとにかくスピードを出すことに全神経を集中するようになりました。このサイト曰く、スピードが完成すれば、マニューバーを描くのはそれほど難しくないことらしいのです。

また、このサイト上に幾度と無く出てくる「超高速パドリング」という言葉。これは要はテイクオフ時のパドリングのメソッドなのですが、詳細はメールで訊けば教えてくれます。

私も早速伺ってみたところ、意外なやり方にびっくり。しかし、いざ海で実践してみたら、あきらかにスピードが違う!!このパドリングはWCTのサーファーなどが皆実践しているらしいのです。ご興味のある方は、早速サイトをご覧いただいてチェックを!!

↓↓↓
SURFING FREAK
http://surfingfreak.com/


今日もご覧頂き、誠にありがとうございました。最後に以下の読了リンクをクリックしてください。
↓↓↓
>>サーフサイズドットコム・ブログランキング


※はじめてこのブログをご覧になる方は、こちらも併せてお読みください。