波日記 湘南(鵠沼・辻堂・茅ヶ崎)・千葉の波情報、サーフィン情報

2004年よりサーフィンを始めた1975年生まれの男が綴る、湘南(鵠沼・辻堂・茅ヶ崎)や千葉などの波情報、レポート、サーフィンコラム

ワックスはベースコートまでしっかりと塗るべし。

つい最近まで、私は面倒臭がってワックスはベースコートを塗ってませんでした。トップコートだけでも何とかなりまたし、周りのサーファーの多くがそうしていたからです。

しかし、昨年の秋ごろに他人の板に試乗させてもらったときに、異常にグリップ力が高かったのが、実はちょっと気になっていたんです。

その時の体験がずっと心のどこかに残ったまま、先日とあるプロサーファーのブログでベースコートをしっかり塗っているという話を読んでしまったことで、異様にベースコートが塗りたい衝動に駆られてしまい、その足でショップにワックスを買いに走りました。 

FAMOUS(フェイマス) SURF WAX(サーフワックス) WARM=夏用(19-23℃)
 

早速塗りましたが、いやはやベースコートはトロピカルのワックスよりも硬いので、冬の室内でも塗るのは大変でした。ので、部屋のエアコンで少し温度を上げ、その中でいざワックスアップを開始。

半分に割ったワックスの全てを塗り終わりましたところ、やはり頼りがいのありそうなツブツブがたくさんできました。これだけでツブの高さは2mm以上ある箇所もあります。

この上にトップコートを塗ると、かなりガッチリしたグリップが完成します。トップコートを塗る時にゴリゴリと音がするのもまた一興です。

昨日のサーフィンもこのようにワックスアップした板で入水したのですが、やはりグリップ力の安心感は違いました。

ベースコート、侮るなかれですね。これからは横着せずにしっかり塗るようにいたします。