波日記 湘南(鵠沼・辻堂・茅ヶ崎)・千葉の波情報、サーフィン情報

2004年よりサーフィンを始めた1975年生まれの男が綴る、湘南(鵠沼・辻堂・茅ヶ崎)や千葉などの波情報、レポート、サーフィンコラム

サーフィン コラム

サーフィンは“上手く”なるべきものなのか?

サーフィンの上達とはとにかく時間がかかるものである。 上手くなるとは何か? 「サーフィンは“上手く”なるべきものなのか?」 私はこのことについて、ずっと考え悩んでいる。 もちろんやるからには「上手くなりたい」という率直な願望はある。 もっとスピー…

サーフィンに適した車の選び方とは?

ワーゲンバスの屋根にくくり付けたサーフボード。サーファーなら一度は憧れるスタイルではなかろうか。 サーファーは90%以上クルマを持っている サーフィン専門のWebメディア、WAVALの調査によると、サーファーのクルマの所持率は、なんと93%という結果が…

茅ヶ崎パーク近くの市営駐車場について

記事後半では知らない人も多いと思われる茅ヶ崎の市営駐車場「東海岸南自動車駐車場」について紹介します。冒頭の写真は2016年3月21日午前10:30ごろの茅ヶ崎。波はすねサイズ。

サーフィンに筋トレは本当に必要なのか?

みんな筋トレしたくなる 「サーフィンが上手くなるためには筋トレって必要ですよね?」 って、今まで何度か聞かれたことがあります。 サーフィンに初めて行くことになった人が、準備のために腕立てや腹筋に勤しんでいるという話も何度となく聞いたことがあり…

サーフィン用品の寿命についてまとめてみました。

写真は数年前の真冬の東浪見周辺。厚手のフルスーツにブーツ、グローブ。冬は使用するギアの数がどうしても増える 道具や用具には経年劣化というものが不可避であり、なかには消耗品として使い切ることを前提としたものもたくさんあります。 サーフィン用品…

サーフィン中にクラゲに刺されないために。

サーファーの天敵、カツオノエボシ。 お盆も過ぎればカツオノエボシが発生する季節がいよいよ訪れます。 クラゲ、怖いですよね。私は幸いにもまだカツオノエボシに刺されたことはないのですが、それ以外のクラゲに刺されたことならあります。 普通にパドルで…

サーフィン中にサメに襲われないようにするために。

夏本番!明日からお盆休み!さぁこれから思いっきりサーフィンしようぜ~!っていう、まさに究極のハイシーズンであるこの時期でありながら…… 2015年8月、サメの被害が茨城、静岡、千葉で報告されました。 2016年7月にも、高知でサーファーがサメに襲われた…

波情報をチェックするときに重宝しているブログを紹介します

今日は私がいつも海に行く前に必ずといって良いほどチェックをしている湘南、千葉、伊豆の波情報ブログを紹介します。

茅ヶ崎のサーフィンポイント情報をまとめました【保存版】

今回はそんな茅ヶ崎の各サーフポイントの情報を、西浜からクソ下まで一覧にしてご紹介したいと思います。

サーフィンで怖い思いをしないために。

写真は2014年9月28日の台風スウェル。

パドリング上達のコツとは?フォーム・スピード・力の入れ方・練習法

サーファーの究極の命題と言っても過言ではないパドリング。 過去にもパドリングについて何度も何度も言及してきました。おそらくこれからも研究は続くと思いますし、このテーマで新たに記事を書くこともきっとあるでしょう。 サーフィンを続ける以上、疲れ…

サーフィン上達のために大事な3つのことをまとめました。

いつも波日記をご覧いただき誠にありがとうございます。このブログをご覧いただいてる皆さまは、きっと「少しでも上手くなりたい」「1本でも多くの波に乗りたい」「あの技ができるようになりたい」という悩みを抱えていらっしゃるのではないでしょうか。 も…

台風でのサーフィンは何に気をつけるべきか?

先週末、先々週末と連続で訪れた台風18号と台風19号。 案の定、サーファーが流される事故が湘南地域で 2週連続で発生してしまいました。 これだけメディアやサーファー同士で台風の波の 恐ろしさを訴え続けても、毎年毎回必ず発生する事故。 もはや、サーフ…

サーフィンで味わった怖い思い・事故に遭った経験のまとめ

毎年この台風シーズンになるとサーファーが海に流されたというニュースが必ず出てきます。これはもはや交通事故をなくせないのと同じくらい難しい問題だと半ばあきらめております。 しかし、これはクルマの事故と同じで、一度でいいから(決して死なない程度…

サーフィンスタイルとは一体何なのかについてまとめました。

「サーフィンなんて楽しんだもの勝ち。」 とはよく言われることですが、 最近はことこの言葉の意味を深く考えるようになりました。

サーフィンにおけるサーフボード選び方とは。

サーフィンをするにおいて「サーフボード選び」が占める割合はサーフィン全体の3分の1くらいはあるのではなかろうか。 残りの3分の2はフィジカルな技術力と波を見極める眼力であると私は思っている。 したがってこれら3つが高いレベルにある人が、サー…

サーフトリップ回顧録(伊良湖・ハワイ・バリ・新島・種子島・八丈島)

※この記事は2014年1月に書いた記事を再構成したものです。

ミニボードは本当にテイクオフが早いサーフボードなのか?

私の愛器、Aviso BD3 5'0"。 どのボードも「テイクオフが早い!激早!」って言うけど ミニボード=テイクオフ早いっていうほど単純ではない 長さのあるボードの特徴 ミニボードの特徴 色々なボードに乗ってみることが大切 長いボードを手に入れてみて分かっ…

やってみる価値あると思うテクニック編「基本に戻る」

以前、当ブログで紹介させていただいたSURFING FREAKというサイトにて、ここ最近連載で「基本に戻る」という内容のコラムが続いているのですが、前回と今回の記事が非常に興味深かったので、要旨を紹介いたします。 まずは波を岸まで乗りつなぐことから 波を…

ハワイの波がどれだけ危険かよく分かる記事。

http://www.nakisurf.com/blog/naki/archives/10040 (2010年01月28日) ↑いつも楽しく読んでいるサーフィンブログだが、この日の記事に限っては読んでいて戦慄を覚えた。これを読めば、並みのサーファーならとても恐ろしくてハワイでサーフィンしようなどと…

ワックス考。

つい最近まで、私は面倒臭がってワックスはベースコートを塗ってませんでした。トップコートだけでも何とかなりまたし、周りのサーファーの多くがそうしていたからです。 しかし、昨年の秋ごろに他人の板に試乗させてもらったときに、異常にグリップ力が高か…

リーシュコード考

(写真)私が昨今使い始めたリーシュコードと同型のもの。 いつもチェックしているブログにて、サーフボードのスピードについて非常に興味深い記事を発見したので引用してみます。 以前に俺の友人がボードにステッカーを貼ることを毛嫌いし、その理由を聞く…

このサーフィン映画だけは外せない。

(『ライディング・ジャイアンツ』 監督: ステイシー・ペラルタ) もし、「あなたがオススメのサーフィン映画を1つ挙げてください。」と問われれば、私は迷いもなくこの「ライディング・ジャイアンツ」を挙げる。 私はこの映画を映画館でも見て、DVDを買っ…

20日朝・御宿(チェックのみ)/「調子いい考」

※写真をクリックすれば、ちょっとだけ大きく見やすくなります。 朝、ちょっとだけ望みをかけて御宿までチェックしに行きましたが、頭オーバーがすでに炸裂。乗れている上級者も、1回ターンして喰われて終わりというパターンがほとんどで、体調も悪かった私…

パドリング考

サーフィンを嗜む人間が、この題名で記事を書くのは、かなり勇気の要る行為であることは、誰しもが頷くところではなかろうか。 最初からオチをバラしてしまうが、私自身、まだ自らのパドリングは未完成だし、常に改良をし続けるべきものだと思っている。「こ…

ローカル考

時期的にサーフィンのハイ・シーズンだからか、ネット上の情報を見ていても、昨今ローカルvsビジターのトラブルにまつわる内容が目立ちます。 ローカル・サーファーとは何か? なぜ、ローカルしか入れないポイントがあるのか? ビジターは何に注意すれば良い…

耳栓、日焼け止めは大切ですね。

▲私が現在使用しているタイプの耳栓。音が聞こえづらいのが難点。 真冬に比べれば、気温も水温も上がってきましたが、私は入水する際には基本的に耳栓は必ず付けるようにしています。人によって差があるみたいですが、私はとりわけ耳に水が入りやすいからで…

「ドジ井坂のサーフィン・クリニック」に参加♪

▲(写真上)これがかのトレーニング用の珍グッズ、バランス・キューブ。こうやってこの上でパドリングすると、効率の良いパドリングが自然と分かってきます。 (写真中)そしてそのままこの上でスタンドアップ!ちゃんと重心が中心(おへそ)にないと、必ず…

ウエットスーツはなぜ傷みやすい?

▲私が愛用するウエットスーツと、同モデルの写真。 先日の記事でも書きましたとおり、私の5mmフルは修理に出すほど傷んでしまっておりました。 現在の5mmフルは今回で3シーズン目。ぼちぼち限界か?と思われるくらいになってきましたが、それにしても5mmフル…

シェイパー、かく語りき。

▲私のメインボード。この板で普段の千葉はもちろん、バリ、八丈島、種子島など様々な海で数え切れないほど良い思いをさせてもらった。 以前、このブログの記事にて、 長さ・幅・厚さといった数値的な寸法以外にシェイパーさんって何を手がかりに削っているの…

サーフ・ミュージック考

▲先週末の夕日。夕日を見ていると、夕日の先には何があるんだろう……?といつも考えてしまいます。 「サーフ・ミュージック」とは、独特のカルチャーだと思います。スポーツや遊びとここまで親密に結びつく音楽って、なかなか無いのではないでしょうか。 「テ…

昨夜のNHK「熱中時間」という番組で…

昨夜のNHK「熱中時間」という番組で、俳優・山本太郎のサーフィンがクローズアップされていました。 山本太郎といえばメロリンQ(年齢がバレますね)。それはさておき、僕はちょうど彼が自宅でバランスボードで練習しているシーンから見たのですが、結構面…

こういう企画には是非参戦したい!!

ブラジルで世界記録か、同じ波で90人がサーフィン 9月2日、ブラジル南東部サントスの海岸で、同じ波で一斉にサーフィンする最多人数のギネス世界記録に挑戦するイベントが行われた(2007年 ロイター/FOTOCOMNET/Marcio Rodrigues) いいですね、こうい…

調子の良し悪し考

サーフィンに限らず、物事には「調子」というものが憑き物の如く付いてまわるものである。 当然、調子の良いときは楽しめ、調子の悪いときは楽しめなくなる。その差は、自分がまるで別人になってしまったのではないかと錯覚するほどの差なのである。 仕事に…

ショ、ショップって……!?

「波乗りしてます」って話になるとまず聞かれるのが、「ショップはどこですか?」「チームはどこですか?」という話です。 ええっと、ごめんなさい。ショップとかチームとかって、何ですか……!?あまりにも皆さん当たり前に聞いてくるので、知らない私はいっ…

自分にとってのサーフィンとは。

「あなたにとってサーフィンとは何ですか?」 サーフィンにまつわるあらゆるインタビューで幾度となく繰り返されているであろう質問。私自身もサーファーの端くれとしてこの質問に答えておきたいと思います。

ゲッティングアウト考(毎度のことながら自らの備忘録として)

本当はパドリングとドルフィンスルーと分けて書くべきか迷ったのですが、自分が今、海上で最も面倒くさいと感じているのが、パドリングとドルフィンスルーの両方を組み合わせてメイクするゲッティングアウトなんです。 ゲッティングアウト――どんなコンディシ…

なぜ、サーフィンか?

現在31歳(あともうちょっとで32歳♪)の私が、28歳の夏にだまされるように海に連れて行かれ、言われるがままにトライしたサーフィン。 気がつけばウエットを買い、板を買い、ポリタンクを買い、ワックスを買い、クルマを買い、海近に引越し…。元来「熱しにく…

ボトムターン考(自らの戒めを込めた備忘録)

自分のサーフィンにおいて、昨今の課題は大きく2つあります。 1.波を待つのではなく、自ら波を狙ってテイクオフをする。 2.失速を恐れずにとにかく一旦ボトムへ降りる。 1.については、もう気力がものを言う世界でもあります。少しでも「パドルすれば…